新入社員にとってまたとないアピールポイント!新入社員研修のポイントとは

新入社員研修で部署が決まる会社入社してすぐに仕事を与えられる場合もあれば、まずは新入社員研修を受けて、基本ノウハウを学ばせる場合もあります。特に大企業になるほどこの研修が課せられる確率が高いのが特徴です。また、ただの研修ではなく、この研修成果によって部署配属が決まるケースもあるので、できるだけ自分をアピールしましょう。 この新入社員研修で多いのがグループワー…

ショップの店員が胸につけている名札で個人情報が漁られてしまう!?

若い女性店員がフルネームを出すリスク近年、ショップに勤める店員のプライバシー問題が話題になっています。たとえば、胸の部分にフルネームが入った名札をつける、あるいはレシートに担当者の名前をフルネームで印字することにより、主に若い女性店員が男性客に名前を把握され、住所や連絡先を調べられて付け狙われるというものです。 では、こうした被害を防ぐためにはどのように改善…

企業の人員配置を効率化しよう!信頼できる営業代行を選ぶコツ

取引先との関係を強化したい企業は営業活動をして取引先との関係を強化でき、積極的にコミュニケーションをすると連携ができて良いものです。営業は顧客や取引先に信頼されるようにすることが求められ、ノウハウがないと厳しくなるため何とかする必要があります。営業代行はプロに代行してもらうことで交渉をスムーズにでき、人員に余裕がなくて困っている場合に考えると効果的ですよね。…

事業承継時の納税資金はどうする?税金を減らす方法もあるよ!!

事業承継時は延納や物納で納税資金の不足対策をする相続の時に現金がたくさんあれば、相続税がかかるとしても現金から支払えます。しかし現金以外の資産だと現金化してから納税しなくてはいけなくなります。不動産などは現金化しにくいので、相続税対策になっても納税対策にはなりません。事業を行っている親が亡くなったとき、子が事業承継をするとなると親からの資産に対する相続税支払…

クラウドソーシングで仕事をした場合の確定申告

源泉徴収票や支払調書を発行してもらえない場合近年、クラウドソーシングと呼ばれるインターネット上のサービスでクライアントと結びつき、仕事を請け負うという働き方が増えています。ただ、こうした仕事の場合、源泉徴収票や支払調書といった、確定申告に必要な書類をクライアントから発行してもらえないことが少なくありません。では、書類なしで申告を行うことは可能なのでしょうか。…

会社のコンセプトは簡潔に表現できなければいけません

そもそもコンセプトとは?起業する際には、その会社のコンセプトを決める必要があります。コンセプトとは、新しく事業を始めるにあたって、そのビジネスの趣旨を簡潔に表現したものです。起業を望む方たちの事業計画書には、コンセプトという項目が何ページにもわたって記載されているものがあります。その気持ちはよく理解できますが、残念ながら、これはコンセプトに該当しません。コン…