起業するなら押さえておきたい!レンタルオフィスのメリット・デメリット


レンタルオフィスとは?

レンタルオフィスとは、業務に必要な施設を備えた貸事務所のことです。立地条件が良いオシャレなオフィスを低金額で借りることができるため、起業家を中心に注目を集めています。この記事では、レンタルオフィスのメリットとデメリットを紹介します。

レンタルオフィスのメリット

レンタルオフィスの最大のメリットは、「良い立地条件のオフィスを低価格で借りられる」点です。レンタルオフィスのほとんどは駅近くにあります。通常の賃貸物件ならば、契約時に賃料の6ヶ月程度の保証金を支払う必要があります。しかし、レンタルオフィスの場合、保証金は賃料の1カ月分、あるいは保証金なしで借りることができます。また、机やイス、備品や通信機器などの施設が予め備わっているため、入居したらすぐに事業を始めることができます。

レンタルオフィスのデメリット

その一方でデメリットもあります。最大のデメリットはプライバシーの確保が難しいことです。レンタルオフィスによっては、間仕切りが薄いパーテーションだけとなっています。このため、話し声が隣に聞こえてしまうなど、プライバシーの面で問題が生じることがあります。また、多くのレンタルオフィスは家具の入れ替えや改装ができません。レンタルオフィスの利用には、このようなデメリットが発生します。

起業時にはレンタルオフィスを利用しよう

起業時において、登記上、オフィスの準備を避けて通ることができません。その際、レンタルオフィスの利用は選択肢の一つとなります。レンタルオフィスを利用すれば、一等地にオフィスを構えることが可能です。また、企業としての信頼度のアップにつながります。レンタルオフィスの利用はコストの低減につながるなど、ビジネスの発展に役立ちます。

福岡の賃貸事務所やオフィスや貸し店舗や貸倉庫を探すなら仲介実績が多くて、豊富な賃貸物件情報から自分に最適なところを探せる不動産会社が最適です。