「倉庫」役割や中の作業は?大事なことは?


倉庫の役割とはなんでしょう?

倉庫は商品の橋渡し役になっていて、メーカーが製造した商品を預り、その商品を卸売業者や小売店に届ける前の保管する拠点になっています。倉庫は商品を数多く保管できるように、外から見ると圧倒されるような建物が多いです。また、商品の保管状態に合わせて、常温の他、冷蔵・冷凍機能をもった倉庫もあります。視点を変えてメーカ側からみますと、在庫を持つ必要があるメーカーも多く、製造した商品を自社では保管できない場合、商品を保管してくれる倉庫はなくてはならない役割を果てしてくれます。

倉庫内はどうなっているの?

倉庫は、外から見ると巨大な建物で見ただけで圧倒されるような雄大な建物が多いです。外には大型のトラックがプラットホームにつき、順番を待って待機しているトラックもあります。しかし、倉庫内では、いかに効率よく商品を入出庫するため、フォークリフトが所狭しと動き回っています。外から見る雄大なイメージとは違い、倉庫内では、より迅速で緻密な作業が行われています。

倉庫会社は多くの保管できるかがポイント

倉庫会社がより多くの利益を上げるためには、作業の効率化でコストを下げることも大事ですが、いかに数多くの商品を保管できるかが重要なポイントです。例えば、容量が100保管できる倉庫があったとします。その倉庫に10の商品でも100の商品でも保管の維持にかかる諸経費は同じですから、10と100では利益に大きな差が出ます。このように、倉庫会社としては、いかにして数多くの商品を保管できるかがポイントになりますから、集客を増やすための営業は、価格はもちろん、利便性の差別化を図ることも必要になるでしょう。

物流とは、受注した商品を保管して、輸送機関を使い消費者へ届けるまでの業務の流れを言います。最近では、情報管理も含めて効率的に業務を行う、ロジスティックスの考え方が主流になっています。