クラウドソーシングで仕事をした場合の確定申告


源泉徴収票や支払調書を発行してもらえない場合

近年、クラウドソーシングと呼ばれるインターネット上のサービスでクライアントと結びつき、仕事を請け負うという働き方が増えています。ただ、こうした仕事の場合、源泉徴収票や支払調書といった、確定申告に必要な書類をクライアントから発行してもらえないことが少なくありません。では、書類なしで申告を行うことは可能なのでしょうか。
まず、確定申告において、源泉徴収票と支払調書の添付は必須というわけではありません。確定申告書にはそれらの書類を糊づけして添付するための用紙が存在していますが、ないものを貼りつけることはできないので無視してもいいのです。ただ、どの会社からどれくらいの報酬をもらったのか、源泉徴収額はいくらだったかという情報はしっかりと書くようにしましょう。

クライアントの正式な社名がわからないときは

問題は、クライアントがどこの会社なのかわからないという場合です。クラウドソーシングでは、IDによってユーザーを判別することが多いため、そういったことも十分起こりえます。この場合、まずはクライアントに社名を問い合わせ、拒否されたら報酬額と源泉徴収額だけ確定申告書に記入しましょう。ただ、こういった曖昧な申告になってしまうと、税務署が問い合わせてくることが考えられます。クライアントはどこの誰なのかわからないが、確かに報酬をもらって、その中から源泉徴収されたという申告だと、嘘の内容を書いて還付金だけ受け取ることもできてしまうからです。
クラウドソーシングサービスでは、自分専用のページから報酬額と源泉徴収額の一覧を確認できるはずなので、この画面をキャプチャーし、印刷したものを保存しておいて、税務署からの問い合わせに備えるようにしましょう。

白色申告とは確定申告制度の一つであり、青色申告以外の所得税や法人税のことを言います。白色の用紙を用いることから、このように呼ばれています。