自営業を始める時に押さえておくべきポイントとは何か?


経済的に負担が少ない資金調達の方法を考えてみよう

自営業を始めるうえで、設備投資やテナントの契約、従業員の雇用などが必要な場合には、早い段階からなるべく経済的に負担が少ない資金調達の方法について検討することが大切です。また、自営業の実績が無い人や、過去に銀行や消費者金融などから高額な借り入れをしたことがある人については、まとまった金額を工面できるまでに時間が掛かることもあります。そのため、初めから金融機関に融資を依頼するだけでなく、まずは親族や友人に相談をするなど対策を立てることが肝心です。最近では、自営業を始めたばかりの人をターゲットとして融資を行っている銀行や信用金庫もあるため、少しでも資金調達について悩んでいることがあれば、担当者とコンタクトを取ると良いでしょう。

事業で成功を収めた人に直接話を聞いてみよう

自営業を順調に進めるためには、潤沢な資金だけでなく経営に関するセンスが要求されます。そこで、自営業を成功させるポイントについてきちんと押さえたい人は、多くの実業家の話を聞くことができる起業家向けのセミナーや講演会に足を運んでみるのがおすすめです。こうしたイベントの中には、数千円程度の料金で参加できるものや、事前の予約が不要なものもあります。そうした中、将来の事業のビジョンについて迷っている時には、気軽に評判が良いイベントの特徴についてチェックしてみましょう。なお、時間的な余裕があれば実際にイベントに参加をした人の体験談をチェックしたり、近場で行われるイベントの参加申込を済ませたりすることがおすすめです。

フランチャイズで起業すると、フランチャイザーの経営ノウハウを教えてもらえます。その分、店舗の内装なども指定されたものになったりと、オーナーの裁量が制限される場合もあります。