倉庫作業の仕事にはどんなものがあるのか?


自分のペースで無理なく取り組めるピッキング作業

ピッキングとは必要な(指定された)商品を集める仕事で、倉庫にある品物を出荷するための大切な役割をしています。やり方は注文書(指示書)、リストなどに指定された商品を集める仕事です。自分のペースで無理なくこなすことができます。ピッキングの仕事で求められることは「早さ」と「正確さ」です。自分が効率よく指定されたものを用意するためにはどう動けばいいのかを考えながら行動することが大切です。商品を間違えないように出すことが大切なので、分からないことがあったり悩んだりしたときは自分一人で抱え込まずに責任者や周囲に相談しながら作業を進めていく必要があります。そのため、ある程度のコミュニケーション力は必要となります。

集中力が求められる検品作業

検品は良品と不良品を見分けて仕分ける作業のことです。お菓子工場の場合は形がきちんと整っているか、菓子が割れていないかなどを見ます。衣料品工場ではゴミや針などが混ざっていないかなどを確認しながら作業をします。特別な資格や経験は必要なく、未経験者でも始めることができます。自分が希望する勤務日や希望日数で働くことができるので、自分の生活ペースに合わせて無理なく働けます。検品作業はほぼ同じ作業であるため、慣れてくれば自分のスピードや正確さに手応えを感じやすく成長が分かります。

検品作業は同じ作業を繰り返すために集中力が求められます。「これくらいでも大丈夫」と甘い考えで仕事をするのはよくありません。一つ一つの作業に真剣に取り組む姿勢が求められます。

3PL(Third Party Logistics)は自社が必要とする物流を第3者に委託することです。調達から納品・販売にかかる必要な物流を委託することで業務の効率化やコスト削減などマネジメントの向上が期待できます。